貰ってうれしい株主優待♪

株式投資で利益を上げるのは難しい

by ethical on 2013年4月16日

株式投資をして7-8年経ちますが、株式投資で利益を上げるのは難しいというのが実感です。株式は長期保有がいいという時代ではなくなったのが大きな理由です。右肩上がりに経済成長が続いて株価もそれに比例して上がっていた時期には、買って5年も10年も保有していれば、買値の2倍3倍になることもあり、また株式配当の利益も得られました。最近はこのような一本調子の相場ではなく、日本経済は少子高齢化により、むしろ衰退すると予測されています。このような時代は外部要因によって株価が大きく上下するため、長期間保有しても利益が出るとは限りません。数年前まで液晶テレビで好調だったシャープやパナソニックが、韓国製品にシェアを奪われて、株価が急落したのはその典型です。これからは長期保有という株式運用は危険要素の方が大きいでしょう。新興国の株式ならまだその可能性があるかもしれません。

株式投資を行う際に注意しておくこと

私が株式投資を行う際に注意しておいた方がよいと思っていることを紹介します。まず当たり前ですが、株式投資は余裕のある資金で行うことです。たとえば、ある銘柄を買ったとします。その銘柄は今は値を下げていても、将来値が上がることもあり得るわけです。こういった場合に、すぐに使う予定のない余裕資金であれば慌てて売却する必要はありません。これがもし余裕のない資金なら、お金が必要になって損を覚悟で売却しなくてはならなくなるかもしれません。
他に大切なのは焦って買わないということです。株価が上昇している時は、チャンスを逃したくない気持ちも手伝って、どうしても急いで判断してしまいがちです。株式投資は、他の投資と比べて時間は十分にあります。焦って手を出さずに、過去の株価やその日の値動きをじっくりと考えることが必要だと思います。デイトレードなど様々な方法はありますが、株式投資はある程度長いスパンを考えて行うのが私には合っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>